【ほめられ読書術】読書で知識の引き出しを増やそう!

ほめられ読書術ライフスタイル
この記事は約7分で読めます。

読書で知識の引き出しがある人はほめられ力があります。

ほめられ力が高い=みんなが憧れる存在・愛される存在


私の憧れる人は知識の引き出しが豊かで、
経験も豊かな人が多いです。

例えば、池上彰さんとか斎藤孝さんとか。
若い子だとトラウデン直美さんなど!

相談した際に
経験からアドバイスをしてくれたり、
本からアドバイスをくれたりすると、


それって信頼性が高い情報になりますよね!

メンタリストのDaiGoさんは、
youtubeやニコニコの生放送で
質疑応答を行なっています。

その時のアドバイスが、
心理学に基づいたアドバイスなので、
めちゃくちゃ説得力があります。

質疑応答〜成功するための7つの力など解説

今日は、
そんなほめられる力を
つけられるような読書術

を書いていこうと思います!

この記事を読むべき人は、

  • これから本を読む機会が増える大学生の方
  • ほめられ力を鍛えたいと思っている方
  • 本を読むのは好きだけど、時間がかかってしまうという方

そして、結論から言ってしまうと、
おすすめの読書術は、

  • 薄い本を読む
  • 全部は読まない!

ということなんです。
詳しく書いていきますね。

スポンサーリンク

1日で2冊読める読書術

実は、私も本を読むのが得意です。
ズバリ1日に2冊読みます!笑

毎日というわけではないんですけど、
2時間でこのくらいですかね。


仕事柄情報をたくさんインプットする必要があるので、
いつの間にか手際よく本を読むスキルが身についていました。

知りたい疑問を解決できる本を選ぶ

まず本を読むってことは
知りたい疑問があるわけですよね。


その疑問がどう言うものかと言うのを確認し
その疑問が解決できる本を選びましょう。

その疑問はざっくりしたものから、
細かいものなど様々です。

例えば、
「お金に関する勉強をしたい」は

ざっくりとしています。

それに対して
「つみたてNISAと
iDeCoどっちを始めるのがおすすめなんだろう」
という疑問。


これは、先ほどのものと比べると
より細かい疑問になりますね。

ざっくりとした疑問に対しては簡単そうな本を選び、まずは1冊読んでみる

ざっくりとした疑問に対しては
簡単そうな本を選び、
まずは1冊読んでみましょう。



具体的には、
タイトルに「初心者でもわかる!」などと書かれているもの。
もしくは「入社1年目の」とかね。

1年目じゃなくても全然読んでます(笑)

それから、自己啓発本を
漫画でわかりやすくまとめたものが
よくあるけど、あーゆーのでもいいです!

とにかくスタートはわかりやすいものから!

っていうのが私流です。

いきなり難しい本を読もうと思っても挫折してしまいますからね。

そして1冊読んでみて、
より知りたいと思った部分を
さらに深めていくんです。

お金の本を読んでみて、
節約術に興味がでたので
次は節約術に関する本を読んでみよう。


というような感じです。

同じようなことを
オリエンタルラジオの中田敦彦さんも
おっしゃっていました。

【コラボ】中田敦彦さんの読書術を初公開

具体的に調べたいことが決まっている場合は、それを解決できる本を選ぼう

当たり前っちゃ当たり前なんですが、
自分の疑問を
解決できる本を選ぶようにします。

私はKindleで本を読みます。

例えば、クレーム対応に関して
心理学の視点から解決する方法を知りたいと思ったとします。


Kindleには検索バーがあるので、
ここに「クレーム対応 心理学」と検索するんです。

Kindleの画面

google検索をする時と
同じように使ってください。


すると、こんな感じの画面になります。

Kindleでクレーム対応 心理学と検索

この4つの本から
どういう風に選んでも良いのですが、

私はタイトルとページ数で選びます。


ページ数は本をクリックした際に
書いてあります。

なるべく短い時間で
疑問が解決したいですからね。

どんなクレームも解決できると言う本のページ数の確認方法

今回選んだのは、
この右の本。

タイトルに
クレームが解決できると書いてある点と、
短かったので選びました。

疑問が解決できる章だけ読む


疑問が解決できる章だけを読みましょう。
これめちゃくちゃ重要です。

本を購入したら、
まず「はじめに」に目を通しましょう。

「はじめに」は、言わば筆者との挨拶です。

どういう思いで
筆者がこの本を書いたのかが
わかるので、
ここは読むようにしています。

その次に「目次」を
しっかり読みましょう。

この目次で自分の読むべき場所と、
そうじゃない場所を
判別していくのです。

例えば先ほどの例でいうと
「クレーム対応に関して
心理学の視点から解決する方法を知りたい」
わけなので、

「クレームとは何か」
「クレームによって強くなるチームワーク」
などの章は、

関係ないので今回は飛ばしてしまう。

さらに、目次を読んで
すでに知っている内容も
飛ばすようにしています。


例えば「マニュアル的な話し方はしない」
という章があったら、

私はこの内容についてまあそうだよね。
って思うので、読み飛ばします。

これによって読む内容は
3分の2くらいに減らしています。

関係ない章は読まない!勿体ないとは思わないようにね〜

先ほども言いましたが、
自分の疑問が解決できたんだったら
そうじゃない章は読まない

というのが
私の読書術です。

いやいや〜。でも関係ない場所から、意外な情報が見つかったりするんじゃないの?

確かに、そういうこともありますね。

でもそれってコスパが悪いんです。

知りたい情報を
知る為に読んでいるのに、

関係ない場所を読んでしまって
4時間経っていた。


「あれ?知りたい情報って何だったんだっけ?」
なんてなってしまったら

意味がないですからね。

だからこそ、関係ない章は
その場では読みません。


本当ーーーに時間が空いていて
暇だって時に

読むようにしましょう。

まあ、私はそんな時ないので、
基本読まないですね(笑)

月日が経って、
別の知りたいことがあった時、

「あ、前に読んだ本なら答えが書いてそうだ。」
と思って、
その時初めて他の章を読む。

そんな使い方になりますね。

その時は、
古い友人にあった気分に
なって嬉しくなります。

とは言え、
せっかく買った本を
全ては読まないというのは、

勿体ないと感じる人も
多いでしょう。

そこで私は、「Kindle Unlimited」を使うようにしています。

これは、月額980円で
Kindle Unlimited登録の本が

読み放題になるというサービスです。
31万冊が対象とのことです!

残念ながら、ベストセラーの本とかは
あんまり対象じゃないです。

それでも、私のように
「疑問を解決できればどんな本でもOK」

という使い方なら、
すごく向いています!
おすすめです!!

ちなみに、私もベストセラーを
読みたい時もあるので、
その場合は
大人しく課金してますね。

ここまで色々書いていきましたが、
私の読書術は

  • ざっくりと本を読みたい時はハードル低くスタート
  • 疑問を解決したい時は、全部は読まない
  • そのためにベストなアイテムはKindle Unlimited

ということですね!

これによって
1日2冊を達成することができました。

とはいえ、本屋さんも大好きです。

本屋さんはまた別の楽しみ方をしているので、
また機会があったら

本屋さんの楽しみ方も
シェアしていきます!

皆さんのほめられ力あがりましたか?

今後も一緒にほめられ力を鍛えていきましょう!ではまた!

makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました