【本のアウトプットの仕方】自分と関連づけてSNSで発信する方法を伝授します

本のアウトプットの仕方ライフスタイル
この記事は約5分で読めます。

皆さん読書は好きですか?

コロナ自粛で時間があるからこそ、
これを機会に読書をしてみたいが、
どうすればいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

私は、本を読むことが
大好きで1日に2冊ほど読む日もあります。


昔は、ただただ読んで満足していたのですが、
それだけではなんの意味もありませんでした。

今の自分を変えたいと思って
アウトプットのやり方を勉強することに。


その結果、頭の中が整理されて
本当に自分が必要とする情報を
取捨選択できるようになりました。

だからこそ今日は皆さんに、
読んだ本を
実生活で役立てる方法を
シェアしていきたいなと思います。

アウトプットのキーワードは、

・自分の実生活と結びつける
・発信をする
・要約するだけはNG


ということ!

ちなみに、本の選び方に
関してはこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

読書中はなるほどと思った部分にラインを引く


まず本を読んでいる最中ですが、
気になった情報やなるほどなって
思ったところに
ラインを引くようにしましょう。

私はKindleで本を読みますが、
Kindleは画面を長押しすると
ラインを引く機能がありますよね。

それを利用します。

ここでのポイントは、
とりあえず気になったところに
線を引くということです。


この段階ではあまり深くは考えずに、
引いてOK。

線だらけになってしまっても大丈夫です。

Kindle画面スクショ

Kindleのすごいところは、
線を引いたところを一覧で確認できる点です。


普通の本だとこれができないので、
本で読む場合は
付箋を貼って後からでもわかるようにしています。

本付箋

読み終わった後に自分の実生活と関連できることはないか探す

本を読み終わったら、
引いた線の部分を読み返します。


そのときのポイントが、
「自分の実生活にどう役立てるか」
を考えるということです。


これを念頭に置きながら読み返します。

そして、ノートでも
メモでもなんでもOKなので記録をしていきます。


私はカレンダーアプリにメモをしています。
自分が読めればOKなので、
きれいに書く必要はないですよ!

日記画面キャプチャ

探した情報を発信する

ノートやメモアプリに書いた情報を
発信していきましょう。


ただノートにメモするだけでは、
いずれその知識は薄れていってしまいます。


インプットした情報をきちんと自分の資産にするために情報の発信をするわけです。

発信をするメリット

先ほど資産になると言いましたが、
発信をするとその情報には重みが増しますよね。


実生活に役立つ情報を整理しましたが、
それを発信することで


責任を持ってアウトプットしていこうという
気持ちになれるわけです。


さらに、自分の知らなかった一面が見えてきます


蓄積した情報を俯瞰的にみることで、
自分にはこういうことに
興味があったんだなと
知るきっかけになるわけです。

発信手段

発信手段はいくつかあり、
その全てを使う必要はありません。
自分が一番やりやすいツールを使えばOKです。

ブログ

私が実践している方法です。
ブログは、1記事2000字〜3000字ほど。


情報を詳しく、
わかりやすく伝えるのに一番良いツールです。

YouTube

話すことが好きな人は
YOUTUBEもおすすめです。


オリエンタルラジオの中田敦彦さんの
YOUTUBE大学なんかは
良い例ですよね。

【ディズニー①】テレビ局の雑用係からディズニーCEOへ奇跡の実話

ただし、文章で書いてあることを
話術で伝えるわけですから、
ブログよりもハードルが高くなります。


YOUTUBEで発信する際は、
出来上がった動画をチェックして
わかりやすく伝わっているかを
客観視するようにしましょう。

ツイッター

手軽に始められるのがツイッターの魅力です。

また発信という意味では
一番見てもらえる確立が高いので、
モチベーション維持にはおすすめです。

ただし、180文字で伝えなきゃいけないので、
メモした情報の全部を
伝えることはできないと思ってください。


こんな感じで1部分を紹介するイメージですね。

読書のアプリ

読書アプリがあるのはご存知ですか。
私は「読書メーター」というアプリを使っています。

これはツイッターのようなものです。
ただし、ユーザーが発信するのは読書情報のみ。

読書情報を知りたい人のコミュニティなので、
提供する情報に価値が生まれやすいですし
反対に、ここから情報をえることができて、
オススメです!!

要約発信にならないよう注意

発信をする際の注意点は、
要約だけを発信しないことです。


発信をする目的はあくまで
「自分がアウトプットをするため」ですよね。

だからこそ、本の内容が
こういう内容でしたというような
要約だけの発信は無意味です。

この本を読んで自分はどう感じたのか
どう活かしていきたいのか

などを書くようにしましょう。

正しいアウトプットをしていきましょう

ここまでたくさん書いていきました。本のアウトプットは

・自分の実生活と結びつけられる情報をメモする
・メモした情報を発信する
・ツールはなんでもOK
・要約発信はしないようにする

ということでしたね。
本をただ読んで満足という風にならないように、
正しいアウトプットを実践していきましょう。

ではまた!
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました