上半期を振り返れ!振り返りは成長のために必須です

上半期振り返り自己啓発
この記事は約4分で読めます。

上半期が終わろうとしています。
2020年の前半はどうでしたか?

こういう節目のタイミングで
振り返りを行うことはとても重要です。

振り返りを行うことで
自分のなりたい姿を再認識することができ
そこに向けてずれてしまった道を修正することができるからです。

そこで、今回は
具体的な上半期の振り返りの仕方をお伝えします。

  • 成長をしたいと思っている方
  • 現状を変えたいと思っている方

    は必読ですよ!!

関連記事はこちら

スポンサーリンク

上半期の振り返りの仕方

上半期を振り返るために、
まずは手帳を開きましょう。

普段日記をつけている人は
日記でも構いません。

月々に自分が何をやったのかが
なんとなく思い出せるようなものを用意するのです。

そして、それをもとに月ごとに
何をやったのか・その結果どうなったのか・何が楽しかったのか
を書いていきます。

どんな些細なエピソードでもOKです。

例えば私の場合1月はWEBデザイナーになるべく、
ポートフォリオを作成。毎日スクールの自習室に通った。
1つの作品を作り上げることに喜びを感じた。
となります。

これを半年分行い、
その後、自分の夢について整理します。

自分がやりたいことは何か、
10年後はどうなっていたいか、
5年後はどうなっていたいかを考えるんです。

私の場合、将来的には
パラレルキャリアで働きたいと考えています。
10年後は、ビジネスを立ち上げたい。
5年後は、海外移住をしたいです。

そして先ほど書いた
月ごとのフィードバックが
自分のやりたいことと噛み合っているのかを比べます。

もしフィードバックと
自分の夢が噛み合っていなかったら、
噛み合わすためにどう道を修正していくかを考えていきます

そして、それが下半期の目標になるのです。

こうして上半期を振り返ることで、
下半期の目標が決まり、
それが自分のやりたいことにつながっていくのです。

振り返ることのメリット

振り返ることの大きなメリットは
次の目標が定まる点にあります。

夢を追いかけるためには、
すごろくのこまのように、
1マス1マスを地道に進めていかなければいけません。

でもそもそもの進むルートが違っていたら
意味がないですよね。
そのルートを決めるのが
この振り返りだと思ってください。

そして、正しい道でするべきことを決め、
あとはひたすら行動あるのみです。

1コマしか進めない日もあります。
でもすごろくには必ずゴールがありますよね。


皆さんの目標にはゴールがあるので、
諦めずに続けていきましょう。

目標がない場合は

とは言え、目標なんてないよ
っていう方もいらっしゃると思います。

そういう方は、自分の憧れる人を
想像して見てください。

そして、憧れる人のどの部分が憧れるのかを
あげるのです。

例えば、家族を持っている・頭がいい・
仕事のスピードが早い・事業で成功しているなど。

それはあなたにとってのやりたいことや
なりたい姿であるはず。

だからこそ、それを目標にしていけばOKです。

もちろん年を追ったり環境が変わると、
目標も変わるはずです。

目標は上書きしていってOKです。
それを考えるためにも、
半年に1回の振り返りというのは重要なのですね。

理想的な振り返りのタイミング

今回紹介した上半期の振り返りはぜひ、
6月の土日を使ってゆっくり行ってください。

ちなみに、月ごとの振り返りをしようと言いましたが
これを事前に行っておくのもおすすめです。

具体的には、毎月振り返りの日を設けるのです。

ここで、先ほど言ったような
何をやったのか・その結果どうなったのか・何が楽しかったのか
ということが整理できていれば、
半年に1回の振り返りの際には、
いちいち毎月のことを思い出すことをしなくてもよくなります。

ぜひ、取り入れてみてください。

上半期の振り返りは行動のための道しるべ

いかがでしたか。
上半期の振り返りは、
時間をかけて行うことが大事でしたね。

そしてやり方は

①月ごとに何をやったのか・その結果どうなったのか・何が楽しかったのかを書き出す

②やりたいことは何か、10年後はどうなっていたいか、5年後はどうなっていたいかも書き出す

③①と②を見比べて、自分の目標とやっていることがずれていないかを確認する

④ズレている場合は修正をする。そしてそれが、下半期の目標になる

⑤行動する

行動を前提とした時に、
道を間違えないようにするために行う振り返り。

しっかりと時間をかけて自分と向き合っていきましょう。

ではまた
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました