【アイディアを売る方法】誰でもアイディアが売れる時代でやるべきこととは?

アイディア副業
この記事は約4分で読めます。

アイディアを売る方法…

それはアイディアを売ることが
できるサイトに登録することで可能なんです。

昔は、これってビジネスになるかも!
というアイディアがあったら、
自分で起業をするか、企業に売り込みにいかなければいけませんでした。

しかし、最近ではインターネットの発達により
アイディアを売ることが簡単にできるようになったんです

これを読めばあなたのアイディアもお金になるかも!

  • 副業に興味がある方
  • 新しいことに挑戦するのが好きな方

はぜひ読んでください

関連記事はこちら

スポンサーリンク

アイディア売る方法

アイディアを売るのはどうしていけば良いでしょうか。

特許の出願はなんだか難しそう

ビジネスを始めるとしても初期投資するお金がないしな

そういう人におすすめの方法を紹介していきます。

アイディアステーション

アイディアステーションは、
アイディアを投稿するサイトです。

自分が考えたアイディアを投稿し、
それを他のユーザーが見ることができます。

その中でこれいいじゃんって思えば、
賛同をしたりコメントをすることができます。

アイディアステーション側が
賛同多数と判断したものに対して、
なんと試作品を作ってもらえるのです!

それが見事商品化に繋がった際には
売り上げの5%が入ってきます。

【公式サイトはこちら】

クラウドファンディング

アイディアを形にするのにおすすめなのが、
クラウドファンディングです。

ここ数年話題のサービスですよね。

自分のアイディアをサイト上でプレゼンをし、
共感してくれた人がいれば、資金を援助してくれるのです。

先ほどのアイディアステーションは、
アイディアの商品化は運営側がやってくれるため、
還元率は5%でした。

しかし、クラウドファンディングはあくまで資金を募るためのもの

商品化の作業は自分で行うのでその分稼げるチャンス大!
ある程度ビジネスに携わったことがある人におすすめです。

注意点としては、あなたのアイディアが
盗まれる可能性があるということです。

ですので、クラウドファンディングを行う際には、
事前に特許の出願を済ませておいた方が良さそうですね。

売れるアイディアとは

いくらアイディアを売るとしても、
買ってくれる人がいなければ意味がありません。

では、売れるアイディアとは一体なんなのかを紹介します。

みんなの不便を解決できるもの

アイディアの基本は
みんなの不便を解決できることです。

不便だと思っていないことに
対して新しいアイディアを提案しても、
現状で問題ないと思ってしまいますよね。

それでは、新しいものに移行してくれる人は少ないです。

そうではなく、この現状をどうにかしたいと
思うことに対して解決策を提案していきましょう。

痒いところに手が届く

今の社会は技術の発達なので、
不便だなと感じる部分が少なくなっています。

今までのようなゼロをイチにする
アイディアは生まれにくくなっているかもしれません。

そこで現代社会においてのアイディアは、
「痒いところに手が届く」アイディアが必要とされています。

既製品はすでにあるけど、
それを改良したらもっと良い商品になる。
そんなものが必要なんです。

例えば、黒い綿棒やあぶらとり紙。
汚れが目立つので、取れたっていう感覚で
なんだかすっきりとした気持ちになりますよね。

すでに綿棒やあぶらとり紙は売っていましたが、
なんで黒い製品が売っていなかったんだろうって感じ。

こうしたすでに売っているものを
さらに良くするアイディア、
これが現代社会においてのアイディアの形ですね。

アイディアを高める方法

アイディアを高める方法は、
常にこういうものがあったらいいなと考えることが重要です。

日常を日常と思って過ごしていると、
こういう考えがなかなか生まれないですよね。

そこでおすすめなのが、毎日に少しの変化を持たせることです。

どんな些細な変化でも大丈夫です。
通勤の時間を変えてみたり、ルートを変えてみたり、
いつもは行かないカフェによってみたり、
そうした些細な変化がクリエイティブ力を鍛えてくれるのです。

また、旅行に行くというのもおすすめです。

これも非日常に浸れて、
今までみていなかった角度から
物事を見ることができるようになるのです。

あなたのアイディアを商品化しましょう!!

いかがでしたか。アイディアはアイディアステーションや
クラウドファンディングを使えば簡単に商品にすることができます。

そしてそれが売れれば
稼ぐことだってできてしまいます。

そんなアイディアは一朝一夕で
どうにかなるものではありません。

痒いところに手が届くアイディアを生むために、
さらによくなる方法を追求していくことが重要でしたね。

みなさんも非日常空間に身をおいてアイディアを発掘し、
本日紹介した方法で形にしてみてください!

ではまた!
Makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました