毎日をイベントにして楽しく過ごす

イベント自己啓発
この記事は約3分で読めます。

毎日をイベントにするというのは、
今日は〇〇する日ということを決めて
イベントのように楽しく過ごしましょうということです。

仕事をして疲れて帰ってきて
YouTubeを見て寝る…そんな毎日を送っていませんか?

ただただ毎日が過ぎていって、
週末を楽しみに生きるそんな繰り返しは人生損しています

そこで毎日をハッピーに過ごすための
方法をこの記事では紹介していこうと思います!

  • 平凡な日常を送っている人
  • 人生に楽しみを見つけたい人

は必見です!

これを読めば、明日からハッピーに過ごすことができますよ!

関連記事はこちら 

スポンサーリンク

毎日に名前をつける

先ほど毎日をイベントにするというのは、
今日は〇〇する日ということを決めるという風に言いました。

具体例をあげるためにとある私の1週間を紹介します。

  • 月 料理DAY
  • 火 ゆっくり湯船につかるDAY
  • 水 カフェDAY
  • 木 勉強DAY
  • 金 ネットフリックスDAY
  • 土 勉強DAY
  • 日 ネットショッピングDAY

こんな感じです!その日1日にテーマを決めて
イベントをしているように毎日を楽しもうというのが目的です。

こんな感じでテーマが決まってると
「早く帰ろう!」とか
「帰ってネットフリックスざんまいや!」
のように家に帰るのが楽しくなりますよね

ただの1日ではなくて
勉強を頑張った1日のように、1日に価値を付けられるわけです。

どんな1日にするかは好みで構いません

帰るのが楽しみになるようなワクワクする
イベントを考えてくださいね!

アフター5でやるべき事を1つ~3つ決める

〇〇DAYを何にするか決めるためにも、
その日のアフター5でするべきことを決めましょう。

1つのボリュームにもよりますが、1つ〜3つがおすすめです。

あまりにたくさんのタスクを詰め込んでも、
できなかったという後悔が残ってしまいます。
タスクは減らして、全部やり切ったと思えるようにしましょう。

その日やるべきことを決めておけば、
ダラダラとした無駄な残業を減らすことができますし、
家に帰ってからもグダグダしてしまうことがなくなります。

日記を付ける

その日を過ごしたら、1日の最後に日記をつけましょう。

せっかくイベントのように毎日を過ごしているのだから、
それが思い出になるように記録に残すわけです。

今日という1日は2度とやってこないですからね。

日記にする際は、簡単にその時の感情をメモに残せばOKです。
その日記を数日後に見返した際に、ずっと残しておきたいなと思った内容は
Evernoteに書き換えると後からでも見返しやすくなります。

日記やメモの残し方に関しては
この記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックして下さい。

あえてダラダラする日を作る

いかがでしたか。本日は毎日を楽しく過ごすために、
1日1日に名前をつけてイベントのように過ごす方法を共有しました。

その日にやるべきことを1つ〜3つ用意して
それをこなすことで、ダラダラとした1日を過ごさずにすむのです。

ちなみに、あえてダラダラする日を作るのもありですよ
私も金曜はネットフリックスデーとして
ゆっくり過ごすようにしています。

自分にご褒美を上げて、無理なく続けていくことが重要ですからね。

そして、ぜひ〇〇DAYを過ごしたあとは、
日記をつけて1日を締め括って下さい。
日記をつけることで、その日というものが貴重な1日になること間違いなしです。

ではまた
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました