バスタイムを有意義に過ごす方法

バスタイムライフスタイル
この記事は約5分で読めます。

バスタイムを有意義に過ごす方法はリラックス×時間の効率化です。

日頃の疲れを癒す場所としてバスタイムは絶好の場所です。
ここでしっかりリラックスすることでまた次の日も元気に迎えることができます。

しかし、毎日何十分もバスタイムに使ってしまったら
勿体無いという人も多いかと思います。

そこで考えたのが効率良くリラックスできたら
お風呂タイム最強じゃない?と言うこと。

今回はそんなバスタイムを効率良く過ごし、
なおかつリラックスできる方法を紹介します😊

  • 時間を効率的に使いたい方
  • 毎日ぐったり疲れてかえってくる人

におすすめの記事となっています

関連記事はこちら

スポンサーリンク

バスタイムを効率化させるには?

バスタイムを効率化させるには、ただただぼーっとしている時間はNGです

ブログアイデアや企画アイデアなど
本業や自分の生活にプラスになることについて考えるのはとってもいいです。

しかし何も考えずにただただ湯船に使ってたら時間が勿体無いですからね😅

そこでバスタイムにおすすめの時間の使い方を紹介します

バスタイムおすすめの時間の使い方①勉強

お風呂に浸かりながら勉強をするのって
実はめちゃくちゃ効率がいいんですよ!笑

バスタイムって普段と勉強環境が違いますよね。
人間は環境と記憶を結びつける傾向にあります。

例えば日頃の夕飯のメニューって1週間もすると忘れてしまいますよね
でも、いいレストランで高いディナーを食べた時の記憶って長い間消えないはずです。

この効果を利用して、普段とは違う環境で勉強をするというわけなんですね。

またからだに早く湯船から出たいと思わせること
勉強がいつもより効率良くすすむのでおすすめです。

バスタイムおすすめの時間の使い方②情報収集

情報収集ってとても重要ですよね。

世の中のトレンドは何なのか。時代に遅れていないかを知ることは、
ブログやSNSなどで発信を行なっている人はもちろん、
お仕事をしている人なら誰でも必要です。

しかし、時間がかかるのがこの情報収集です。
そこでバスタイムを利用して効率よく情報収集してみるのはいかがでしょうか。

自分の専門分野について検索すればOKですが、
それだけだと自分の専門分野にしか詳しくなれません

トレンドを知るためには専門分野以外にも
情報を浅く広く知っておくべき
なので、
ぜひこれから紹介するサイトもチェックをしましょう。

ニュースを知るならNHK

NHKのニュースサイトは、分かりやすさが特徴のサイトです。

日経電子版などのサイトって少し記事が難しかったりしませんか。

普段ニュースをしっかり見る人じゃなかったり、
新聞を普段読まない人にはハードルが高かったりします。
そんな人はNHKのニュースサイトがおすすめです。

学生さんでも分かりやすく記事が書かれていますよ。

トレンドを知るならツイッター

誰でも知っているツイッター。

記事や写真を投稿するSNSですが、実は情報収集にもおすすめなんですよ!

ツイッターは世界のトレンドを見ることができますよね。
トレンドになっているもののうちあなたが単純に気になる単語を検索してみて下さい。

流行になっているものがすぐに検索できちゃうなんてすごい時代ですよね。

そのタイミングだけのトレンドや
ツイッターだけで話題になっているもの
(大喜利のようなもの)もあったりするので、その点は注意して下さい。

湯船につかることへの効果とは?

湯船につかるとリラックス効果や美容、健康に高い効果があります。

忙しい毎日だとどうしてもシャワーだけになってしまいますよね。
しかし、湯船につかることで様々な効果が期待できるので
ここではそれについて紹介していきます。

リラックス効果が期待できる

リラックスをするには、汗をかくことが重要です

運動をした後など、汗をたくさんかくと
体内がデトックスされた気分になりスッキリしますよね。

湯船にしっかりつかることも同じ効果が期待できるのです。

リンパの流れをよくする

しっかり体を温めると、血行やリンパの流れをよくすることができます。

夏でもクーラーによって体は冷やされています。
そんな冷え切った体をしっかりと温めてくれるのがバスタイムなのです。

寝つきが良くなる

寝る時に人間は、体温を下げるそうです。

そのため湯船につかって体温を一旦上げておくことで
体温を下げる機能を活発化させるわけなんです。

それによって結果的により深い眠りにつくことができるんですね。

時間の効率化×リラックスを実現させるアイテム

湯船につかることで様々な効果が期待できることが分かりましたが、
忙しい毎日に取り入れるのって大変ですよね。

そこでより短い時間で長く湯船に入ったような効果が
期待できるアイテムを紹介します。

それがSibodyです

雪塩のような優しいパウダーになっている入浴剤です。
雪塩と海藻エキスで発汗作用もとてもすごいんですよ。

発汗作用と言うと、暑くてダラダラ汗が出ると思われますが、
これはじんわりと体を温めてくれるので使いやすいです。

ミネラルもたっぷりなので、美容効果も期待できますよ。

1年で150時間。あなたはどう過ごす?

いかがでしたか。バスタイムを有意義に過ごす方法を紹介しました。

湯船につかることは美容効果や健康への効果が期待できますが、
ただボーっと過ごすともったいない時間になります。

しかし勉強をしたり、情報収集ができれば有意義な時間を過ごすことができます。

こういった何気ない時間は1日たったの30分ではありますが、
毎日積み重ねていけば一年で150時間にもなるんです。

この150時間を無駄に過ごすのではなく、
効率よく過ごせていければあなたの成長にも繋がっていきますよ。

ではまた!
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました