プラットフォームを複数持とう

プラットフォーム副業
この記事は約7分で読めます。

プラットフォームを複数持つことは様々なリスクを回避する上でとても重要です。

特に現代社会は変化が激しい分そういったリスクが多い一方、
プラットフォームを持つことも現代社会は簡単にできるのです。

そこで、今回はプラットフォームを複数持つことの意味から具体的な方法まで解説していきたいと思います。

  • 1つの仕事を続けている人
  • 趣味があまりない人
  • 将来に漠然と不安を抱いている人

こんな人にとって、今日から始める1歩を知ることができる内容になっています。

スポンサーリンク

プラットフォームを複数持とう

プラットフォームを複数持つというのは、
つまり「自分として輝ける場所を複数持つ」ということです。

それは仕事の場所でもいいですし、趣味の場所でもいい。
とにかく1年後後の自分がそれをやっていてよかったという行動なら大丈夫です。

そして重要なのが、その場所は2つ以上持つということです
つまり好きな仕事をできていても、
それだけしかプラットフォームがないというのは危険だということです。

プラットフォームを複数持つことの意味

なぜ、1つしかプラットフォームがないことは危険なのでしょうか。

ズバリ、1つしかないというのはリスクが大きすぎるのです。

例えば仕事の場合、その仕事が突然なくなってしまったらどうでしょうか。
あなたはその仕事だけに全力をそそいできましたが、他のことはやっていなかった…。
そんな状態で失業なんてなってしまったら、そこからはゼロからのスタートです。

趣味の場合も同じです。例えばゴルフという趣味を生きがいにしていましたが、肩を怪我してしまい止む無くゴルフを辞めることに。それしかやっていなかった場合、大好きな趣味を失ってただダラダラする生活を送るなんてことも…。

そんなことあり得ないと思うかもしれませんが、現に時代は変化していて、今年は失業者も増えているという現状があります。さらに怪我に関しても自分に起こらないという保証はどこにもありませんよね。

リスクを分散させるためにも必要なのがプラットフォームを2つ以上作るということなのです。

おすすめプラットフォーム

趣味に関するプラットフォームは案外作りやすいのではないでしょうか。例えばゴルフが好きなのであれば、そのままゴルフゲーム→スマホゲームなどと関連付けやすいですし、始めるハードルも決して高くありません。

しかし、仕事となると途端に難しく感じてしまいますよね。

仕事も実はハードルは高くありません。
始めようと思ったら今日から始めることだってできてしまいますよ。

そこで、ここでは本業とは別に稼げる場所作りをするということを前提とした
おすすめのプラットフォームを紹介します。

ブログ

始めるハードルが低くておすすめなのが、ブログです。

自分の経験や人より少し詳しいことを文章にするだけなので、誰でも始めることができます。サーバーの構築やドメイン名を取得するのに費用はかかりますが、他のビジネスをするよりかは初期費用も抑えられます。

ブログを始めるメリットは、稼げる基盤が作れれば寝てても稼げるということです。

自分が活動していなくても、過去の自分が活動していればそれを読んでくれる人がいて、お金を稼げるのです。

反対にデメリットは、稼げるようになるまでに時間がかかるということです。
でもこれって当たり前ですよね。ビジネスを始めてすぐに稼げるようになる人なんていません。コツコツと日々積み重ねていく力が必要なのがブログのデメリットと言えるでしょう。

ラジオアプリ

ラジオアプリは、今後伸び代のあるジャンルです。

というのも中国やアメリカなどでは大きな市場になっていますが、日本はまだまだ発展途上だからです。始めるなら今といっても過言ではないでしょう。

ラジオアプリのメリットは発展途上な分、自由な面がまだまだ多いということです。
例えばユーチューブはすでに市場が出来上がってしまっていて、バズる動画がある程度決まっていますよね。

そしてそういうジャンルの動画はすでにたくさんのクリエイターさんが配信しているので、飽和状態になっていたり…。

ラジオアプリは、そういったことがまだないのである程度自由な配信が可能です。
例えば、複数のラジオアプリで同じ内容を配信しても今の時点では大丈夫だったりするのです。

同じものが使えるなんて便利ですよね。どこかのアプリで人気が出ればOKですもんね。

デメリットに関しては、ラジオアプリ単体で稼げるわけではないという点です
これも発展途上なので、これから稼げる仕組みができてくればいいですが、現状はラジオアプリだけで稼ぐのは難しい側面があります。しかし今やTikTokでも稼げる時代。これからラジオアプリで稼ぐ人も増えてくると推測しています。

SNS

SNSは本日紹介しているプラットフォームの中で、最も簡単に始められるツールです。
それぞれのSNSごとに特徴が違うので、自分の向いているものを選択しましょう。

もちろん複数のSNSを併用していくのも大丈夫ですよ。
少し前までは「インスタグラマー」はインスタグラムだけ、ツイッターで活躍する人はツイッターだけで稼いでいましたが、最近ではその垣根を超えて稼いでいる人もたくさんいます

SNSのメリットは、その簡単さですね。
簡単な故に自分なりに分析することもできるので、自分オリジナルの成功法則が見つかれば今度はそのノウハウを教える立場になって、サロンを運営したり、講習会を開いてみたり、コンサルをしてみたり、本を出版してみたりと活躍の幅が広がります。

クラウドワークス

クラウドワークスは短期間で稼げるという面で、おすすめのプラットフォームです。

仕事を依頼したい側と仕事をしたい人がマッチングをして実際に業務をこなすわけですが、
このクラウドワークスのメリットは、更なるプラットフォームを見つけられるという点。

つまり、クラウドワークスをプラットフォームを見つけるための場所として利用をし、
そこで見つけたクライアントさんと長期契約をすることで、
そこがあなたのプラットフォームにできるのです。

仕事の幅も広いので、あなたにあった仕事を探すことができるのも
おすすめのポイントになっています。

一方デメリットとしては、突然仕事を切られるという可能性もあるということです。
今まで紹介したプラットフォームは自由度が高く、あなたの意志で配信をしその「共感」で報酬が生まれるものでしたが、クラウドワークスはクライアントが求める仕事ができなければそれで終わりです。

まあでもこれってビジネスの世界では当たり前のことですよね。

クライアントが求めていることを常に考え行動していくことと、
仕事を斬られてしまった際に切替を素早くすることがクラウドワークスで一番重要なことかもしれません。

プラットフォームを増やすのにスクールに通ってみる

今まではすぐにできることを紹介しましたが、長期的な目標がある人はその知識を身につけるべくスクールに通ってみるというのもおすすめです。

例えば、将来カフェを経営してみたいなら、コーヒーの勉強や経営について勉強など。SEに転職したいならプログラミングの勉強など。

私もWEBデザイナーになるべくスクールに通った経験があります。

もちろんそこにもメリットデメリットがあったわけですが、とにかく現状から1歩前に踏み出す行動。それが大切です。

無理をしないで、小さなことから始める

いかがでしたか。本日はプラットフォームを複数持つことのメリットについて紹介していきました。

変化が激しい時代で、突然仕事が無くなったり趣味ができなくなる可能性は十分にあります。その中でリスク回避をするためにプラットフォームは2つ以上持つべきでしたね。

本業とは別に活動する分、簡単に始められるSNSやラジオアプリなどがおすすめでした。

そしてプラットフォームを複数持つ上で重要なのが、無理をしすぎないことです。
リスク回避ということで明日以降の未来の自分に向けての行動のはずなのに、
そのために無理をして体を壊してしまったら本末転倒です。

千里の道も一歩からです。まずは小さなことから始めていきましょう。

では、また
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました