楽天経済圏は何?うまく使えば数万円もお得になる!?

楽天経済圏ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

楽天経済圏とは楽天が展開する
さまざまなサービスのことであり、
これらをうまく使うことで
がっぽりポイントを稼いでしまおう!というものです。

私自身、楽天の様々なサービスを
利用するくらい楽天信者です。

この記事では、節約やポイントに興味ある人むけに
楽天経済圏の魅力をお伝えしていきます

これを読めば、楽天でいかに効率良くポイントを
貯めて行くかの仕組みが分かりますよ!

関連記事はこちら

スポンサーリンク

楽天経済圏とは何か

楽天経済圏とは先ほども言ったように
楽天が運営するさまざまなサービスのことを指します

なんと楽天には
70種類ものサービスが展開されているのです!

有名な楽天市場や楽天ビューティー、
楽天モバイルの他にも、
楽天カフェや楽天カーサービスなんかもあったりします。

このように様々なサービスを展開されており
楽天だけで経済が成り立ってしまうのです。

だからこそ楽天経済圏って言われてるんですよ!

これらのサービスは同一アカウントで参加をすることができ
共通の楽天ポイントを保有し、
サービスに活用することも可能です。

賢くこのポイントを使ったり
ためたりすることが楽天経済圏を生きていくために必要になるのです。

賢くポイントを集める!キーワードはSPU

楽天経済圏を語る上でなくてはならないのが、
このスーパーポイントアッププログラム(SPU)です。

これは、楽天のサービスを組み合わせることで、
もらえるポイントが何倍にもなるというもの。

例えば、楽天市場で100円の商品を購入する際、
通常は1%分の1ポイントが獲得できます。

しかし、その決済に楽天カードを利用すれば
+2%がつくので100円×(1%+2%)の3ポイントがもらえるのです。

同じ商品を買っているのに、
もらえるポイントが違うなんて驚きですよね!

今回は、たったの2ポイントの違いでしたが、
このSPUは組み合わせることで
さらにポイントアップすることができます。

参考までに私のSPUはこのようになっています。

  • 楽天会員 +1倍
  • 楽天モバイル +1倍
  • 楽天カード +2倍
  • 楽天市場アプリ+0.5倍

これで4.5倍のポイントがついちゃうんです。

2020年6月現在のSPUはこのような形になっています。

楽天モバイル+1
楽天ひかり+1
楽天カード+2
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード+2
楽天銀行+楽天カード
※楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
+1
楽天の保険+楽天カード
※楽天の保険の保険料を楽天カードで支払う
+1
楽天でんき+0.5
楽天証券
※月1回500円以上のポイント投資
+1
楽天トラベル
※対象サービスを月1回5000円以上予約し、利用
+1
楽天市場アプリ+0.5
楽天ブックス
※月1回1注文1000円以上お買い物
+0.5
楽天Kobo
※電子書籍を月1回1注文1000円以上
+0.5
楽天pasha
※トクダネ対象商品の購入&レシート申請で
合計100ポイント以上の獲得
+0.5
Rakuten Fashion
※月1回以上お買い物
+0.5
楽天TV+1
楽天ビューティー
※月1回3000円以上利用
+1
楽天公式サイトより

無理のないところから楽天に移行していく

SPUを利用するために、
本を全く読まないのに
電子書籍の楽天Koboを契約しても
全く意味がありません。

自分が普段利用しているサービスのうち、
楽天に移行できるものはないかを考えて、
徐々に移行していくことがおすすめです。

SPUあるあるなのが、
気合を入れて一気にサービスをまるっと移行したら
登録などに疲れてしまって、
それ以降使わなくなってしまったということです。

ゆっくり無理のない範囲で移行していきましょう。

注意点!!SPUポイントには有効期限がある

ここで注意しておきたいのが、
SPUポイントには有効期限があるということです

具体的には45日間。
これをすぎてしまうとせっかく貯めたポイントも
ゼロになってしまうので、注意してください。

普段の買い物に充てるのでも大丈夫ですが、
おすすめは楽天モバイルや
楽天でんきの支払いに充てる方法です。

毎月かかる費用なので、無駄なく使うことができるのです。

楽天経済圏を生活に徐々に取り入れていきましょう

いかがでしたか。
楽天経済圏はSPUのサービスを
使うことで同じ商品でも最大で
16倍多くポイントをもらうことができるんでしたね。

これを日頃の買い物に
利用すれば月に何万円もの節約につながります

ただし、無理して全てのSPUに参加するのではなく、
自分が普段使っているサービスのうち、
楽天に切り替えられるものを徐々に変えていくことが重要でした。

皆さんも、普段の生活を
見直して移行できるものを見つけてみてください。

では、また!
makka

コメント

タイトルとURLをコピーしました